Partners & People


NPO法人フェアロード 栗本正則

日本とアジアの子ども達に「スキル」を!

子ども達が生きていくための様々な「スキル」を獲得する機会や仕組を作り出し、体験格差を埋めていくことで、生きる力を育てるための活動を行っています。

 

タイ王国での難民キャンプや移民学校、バンコクのスラムにおける活動。大阪府では、大阪府教育庁の「課題を抱える生徒フォローアップ」事業で、学校内居場所カフェをはじめとし、西成区や港区で地域と共に子どもの居場所事業を展開。

一般社団法人 Wheelchair Football Japan 糸賀亨弥

天理大学アメリカンフットボール部監督就任1年目。当時一回生の部員が試合中の事故で頸椎機能を損傷し、それ以来車いすでの生活となったことをきっかけに、誰もが参加できる独自に開発した「車いすアメリカンフットボール」通じて、人と人が関わり合い、共感し、繋がっていく機会を作り、人の多様性を認め、尊重できる社会の実現を目指しています。

大阪国際大学 尾添侑太

社会学者

<専門>

・社会学:コミュニケーション論。

<論文>

・後期近代における「共同性」を再考する

・「共生」/「共在」の比較を手がかりに

秋山怜史

一級建築士

NPO法人全国ひとり親居住支援機構代表

 

「建築が社会を変える」という信念のもと、社会問題、地域貢献に取り組む建築士。

27歳の時に事務所を立ち上げ、社会課題を建設で解決しようという“協創“の取り組みを行なっています。建築を作る一連の流れは社会課題を改善するのに似ています。「空間」を作ることで、社会の仕組みを作り、人を豊かにできます。

 

 

リトルドア

大阪市立総合医療センターを中心に、病気の子どもとその家族を支援しています。誰もが誰かの役に立てるをコンセプトに、楽しく手軽に参加できるボランティア活動を開発しています。